ハンドルがバック本体をぶら下げるようにセットしてはダメです、
ハンドルが外れて危険です。
バックをぶら下げて使用する構造には
作られておりません。

絶対にしないでください。

バックが破損する事があります。

ATO-CASに関して
最近、ATO-CASの取り付け方が、取扱説明書と違う方法で使用されている方がおられます。
ハンドル部分とキャスター部分のバンドは、しっかり引っ張って止めてください。
 
締め方が甘いと、外れる原因となります。
また、誤ったセッティングをされてATO-CASに対するクレームを
言われる方がおられますので、下記のセッティングを参考にして下さい。
●正しいセッティング   ●誤ったセッティング
     
       
バック本体の取ってと反対側にハンドルを取り付け、同じ方向にキャスター本体を取り付けて、
  手前に倒して引っ張ります。

使用できない主なキャディーバックの形状

※ATO-CASは、整地された所(アスファルト道路、練習場フロア、駅校内等)で使用して下さい、不整地(河川敷、じゃり道、突起物や小石がある場所等)では使用禁止です。
このATO-CASは、汎用品であり、個々のゴルフバックの専用品では、ありません。
底部が丸いものであれば、装着可能ですが、それぞれ形状が違いますので、個人で創意工夫
されて、外れないように使用してください。

   

  弊社としましても、皆様方からのご意見を尊重して、今後更なる改良を加えてゆく所存です。
  今後のAT0-CASに、ご期待頂ければ幸いです。
                                                   企画開発部